行政書士法人IMSの宮洞です。
私が主に担当しているアメリカJ-1ビザ(Trainee/Intern)では
米国入国する全ての研修生に対して、事前に十分な医療・事故保険に加入することを
米国国務省が義務付けており、加入する保険会社のランク、保険の最低補償等についても
詳細に定めています。

米国渡航前に、保険会社が発行したInsurance cardが発行され、現地で常時携帯するよう
ご案内しております。
研修生からこんな声が寄せられましたので、参考にしていただければと思います。

・病院ではカードの表示のみで気軽でしたが、薬が処方されたが、行った薬局では
 カードは使用できずその場で立替、後日立替申請をした。

・夜間に怪我をす救急外来で治療を受けたが、手続きが迅速で治療後すぐ帰宅もできた。
 医療機関での英語のやり取りに不安があったが安心して治療を受けられた。

・対応が遅く最悪だった。

・実際に使用したときに医療機関によって加入している保険が使えるところと
 そうでないところがあった。

アメリカでは日本と保険制度が異なります。体調不良や、怪我等でその時に
医療機関を調べるのは大変と思いますので、上記のようなトラブルに遭わないためにも、
事前に居住地域の医療機関・情報を調べたり、在米日本大使館/総領事館などの
ホームページをご確認いただくことをお勧めします。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/index.html

Jビザ・Fビザ・Mビザ
https://imsvisa.support/us-visa/other-visas/
お問い合わせ↓
https://imsvisa.support/contact/