オーバーステイの方(B1・B2ビザ)

過去にアメリカにオーバーステイしてしまった方のビザ申請サポートをしております。

オーバーステイ/不法滞在とは

米国での滞在許可期間を超えて滞在した外国人は、米国での不法滞在という深刻な事態に直面する可能性があります。

通常、日本国籍者はビザ免除プログラムにより、ESTA認証を受けて渡米した場合は、継続して90日間の滞在が許可されます。

オーバーステイしてしまったら

もし、この期間を1日でも超えて不法滞在となってしまうと、外国人は次のようなことになります。

  • 180日以上不法滞在を続けた場合、アメリカを出国してから3年間は再入国できません。また、1年以上不法滞在を続けた場合には、10年間米国に戻ることができなくなります。
  • 既存のビザが自動的に失効またはキャンセルされます。保持していたビザでの再入国は不可能となり、アメリカに入国する為には自国の大使館で、ビザを取り直さなければなりません。
  • ESTA渡航認証を使用することができず、1日の観光であってもビザを申請しなければなりません。

勘違いで日数のカウントを1日、2日間違えてしまった、というお問い合わせが多くございますが、残念ながら米国で許可滞在期間を1日でも超えてしまった場合には、ペナルティーを受けてしまうことになります。なお、過去の不法滞在歴は容易に見破られるため、事実を知りながらもその事実を隠して米国への入国を試みた場合、入国拒否されることになります。​

不法滞在してしまった方の場合には、不法滞在時に適用された移民国籍法の条文により3年又は10年の入国禁止期間を経てから申請するようお勧めしております。

オーバーステイ歴・不法滞在歴のある方のビザ申請書類

◇オンライン申請書DS-160

◇米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート

◇滞在予定表

◇滞在するために十分な資力があることを証明する資料

◇日本に帰国する意思があることを証明する資料

◇不法滞在してしまったことが分かる資料 I94など

◇ビザ申請をする必要があることを説明したレター

◇面接予約票

申請書類は申請人ごとに異なり、上記はあくまで例にすぎません。オーバーステイに至った経緯・自国との強いつながり・渡米目的を確認し、俯瞰して書類を準備します。

領事に的確に判断いただくよう、適切な英訳書面の準備もサポートいたします。

行政書士法人IMSは不法滞在・オーバーステイしてしまった方のアメリカビザ申請を数多くサポート業務しております。アメリカ大使館・領事館への申請書類準備、面接予約、面接前ガイダンス等フルサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

サポート実績多数、お客様の声もあわせてご参照ください。