ESTA不許可の方(B1・B2ビザ)

ESTAの認証を得ることができなかった方のアメリカビザB1B2ビザ申請をサポートいたします。

ESTA申請とは

電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization:ESTA)は、米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されています。​米国の査証免除プログラム加盟国の渡航者は、米国へ90日以内の滞在で短期商用・観光目的で渡航する場合ビザを取得する必要はありませんが、渡米前に事前に公式オンラインサイトにて申請し、ESTA認証を受ける必要がございます。​ESTAは、オンライン公式サイトにて米国への渡航日より72時間以上前に申請することを推奨しており、アメリカ政府は、2022年5月26日以降、ESTA申請時には、一人当たり21ドルを課しております。ESTA 申請手数料は、旅行促進料と運用料の 2 つで構成されており、米国議会が、Further Consolidated Appropriations Act of 2020 (PL 116-94) により、ESTA 申請手数料のうち旅行促進料を10ドルから 17ドルに引き上げました。CBPに支払われる4ドルの運用料は引き上げられませんでした。

ESTAの有効期限

ESTAが認証されると、2年間有効です。ただし、ESTAは有効なパスポートと結びついておりますので、申請時にパスポートの有効期限が2年ない場合には、その有効なパスポートの期限内がESTA有効となります。新しいパスポートを取得した場合、結婚により姓が変わり名前が変わった場合、性別が変わった場合、帰化申請等で国籍が変わった場合等々、過去に許可されたESTA申請で回答した内容に変更があった場合には、ESTAを再申請して、新規に認証を得る必要がございます。

ESTAの質問事項

​ESTAを申請する際には、有効なパスポート、申請者の両親の名前、生年月日、米国の滞在先ホテルの情報(所在地・電話番号)、米国内の緊急連絡先友人の情報ほか、申請費用支払い用のクレジットカードが必要です。年々内容が細かくなっており、入力するにも時間がかかります。慎重に入力する必要がございます。

ESTAは申請人の名前、生年月日、パスポート情報等入力を一通り終えると、適格性についての質問が出てきます。

ESTA適格性の質問内容

過去にビザ申請却下歴や入国拒否歴、逮捕歴・犯罪歴がなく、伝染病も罹患していない方の場合には通常すべての質問に「いいえ」で回答をします。

しかしながら、この近年ESTA適格性の質問であやまってひとつでも「はい」と回答してしまった方は、再申請をしても認証を得ることができず、ビザ申請をするしかありません。

ESTAが許可されないケースとは

・ESTAオンライン申請時に入力ミスをした

・過去にビザ却下歴がある

・過去に入国拒否歴がある

・過去に犯罪歴がある

・過去にオーバーステイ歴がある

・米国が管理する犯罪者リストの人物と同姓同名

パスポートの情報や、性別、国籍等の軽微な入力ミスをCBPに訂正してもらおうと、電話やメールでコンタクトしても、CBPからは最寄りの大使館領事館でビザ申請をするように、と一辺倒の返事しか来ていないのが実情です。

ESTA入力ミスによるビザ申請のIMS実例

お子さんのESTA申請をミスしてしまったというお客様からのお問い合わせ。まだ生まれて僅かの赤ちゃんのESTA申請の適格性の質問部分で「いいえ」で答えるべきところを「はい」で回答してしまい、渡航が許可されませんでした。

慌てて再申請を試みるも却下され、家族での初めてのハワイ旅行を楽しみにされていましたがESTA却下。大変焦ったよう様子でご連絡くださいました。アメリカ大使館のサイトでは、下記のように案内されています。

``ESTA申請後の状況確認や、ESTA拒否の詳細については、大使館・領事館ではお答えできません。ESTAに関する一般的な質問は、米国国土安全保障省(DHS)、税関国境取締局(CBP)ウェブサイト をご参照ください。また、24時間対応のTravel Communications Center(1-202-325-8000)までお電話でお問合せ頂くか、CBP Info Center のオンラインフォームにてお問合せ頂けます。``

CBPに問い合わせしたものの、やはり赤ちゃんであってもビザ申請をするように案内のメールが届き、弊社にてビザ代行申請をしました。

ESTA入力ミスによるビザ申請書類

◇オンライン申請書DS-160

◇米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート

◇滞在予定表

◇滞在するために十分な資力があることを証明する資料

◇日本に帰国する意思があることを証明する資料

◇ビザ申請をする必要があることを説明したレター

◇面接予約票

申請書類は申請人ごとに異なり、上記はあくまで例にすぎません。申請人がESTAが拒否されてしまった理由を確認し、俯瞰して書類を準備します。

行政書士法人IMSはESTA入力ミスによりアメリカビザ申請が必要な方のサポート業務を行っております。アメリカ大使館・領事館への申請書類準備、面接予約、面接前ガイダンス等フルサポートいたします。

サポート実績多数、お客様の声もご参照ください。