こんにちは。行政書士法人IMSの松井です。

ワクチン効果なのか良く分かりませんが、日本国内の新型コロナ感染者数が激減し、外でマスクはまだ外せないものの、喜ばしいことに日常生活が戻りつつあるようです。偶然なのか意図的なのか分かりませんが、来たる2021年11月8日は、ビザを取り扱う弊社にとって重要な日となりそうです。

(1)日本への新規入国外国人に対する制限解除

本日夕方に外務省、厚生労働省より公式発表がありました。オリンピック関係者や日本人の家族等一部の例外を除いて、年初より日本はほぼ鎖国状態でしたが、11月8日午前10時より、制限が一部解除されます。新たに日本に入国できるようになるのは次の方々です。

①商用目的又は就労目的の短期間の滞在(3月以下)の新規入国

②長期間の滞在の新規入国

ただし、いずれの場合も日本の「受入責任者」の管理の下で入国が認められるものなので、観光目的の入国はまだ解除となっておりません。入国希望外国人の「受入責任者」は業所管省庁に誓約書、活動計画書等を含む申請書類一式を提出し、事前の審査を受け、「審査済証」の交付を受ける必要があります。ビザ申請にあたっては、通常の書類に加え、この「審査済証(写し)」の提出が必須となります。特に、在留資格「留学」及び「技能実習」については、在留資格認定証明書が交付されながら、入国できていない外国人が非常に多いことから、同証明書の交付時期が早い者から申請ができることとされており、同証明書の交付日により、いつ申請が可能か具体的に定められています

まだ詳細は不明ですが、到着時のPCR検査等を考えると日本の空海港での一日の受け入れ数には限りがあるはずなので、事前の審査やビザ発給について、何らかの調整が行われるものと思われます。

(2)米国への入国する非移民ビザ外国人へのワクチン接種の義務化

  現在、日本からアメリカへ渡航する際には、出発前3日以内に行ったPCR検査等による陰性証明書があれば、入国可能ですが、11月8日以降は陰性証明書に加えてワクチン接種完了証明書も必須となります。米国はこれまでヨーロッパ各国、中国、インド、ブラジル等に渡米前14日間滞在した外国人の入国を原則認めていませんでしたが、この入国禁止の対象外だった日本にとっては、規制が強化される形となります。

  この「ワクチン接種完了」は米国では“fully vaccinated” と呼ばれています。何をもって“fully vaccinated”になるかというと、主な条件は次のとおりです。

  ・承認された1回のみの接種で良いワクチンについては、接種後2週間(14日)経過

  ・承認された2回の接種が必要とされるワクチンについては、2回目接種後2週間(14日)経過

その他、この新しい措置に関する注意事項は下記のとおりです。

・ワクチン証明は紙面またはデジタルの記録で、渡航者の氏名、生年月日、接種したワクチンの製品名、接種日の記載が必要

・ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ製ワクチンはいずれもOK

・18歳未満の子供はワクチン接種については免除だが、陰性証明書は必要

・米国市民、永住者、移民ビザ所持者には本措置は適用されない。ただし、ワクチン接種を完了していない米国市民や永住者はフライトが出発する1日以内に受けた検査の陰性証明が必要

・非移民ビザの面接の際にワクチン接種証明は必要なし

コロナに関する各国の出入国管理政策は、頻繁に変更され、もはや法律をも超えた運用がなされているので、常に最新情報を入手しておくことが非常に重要です。今後も重要な情報はこちらにて発信していきたいと思います。