こんにちは、行政書士法人IMSの桑原です。

緊急事態宣言が21日に解除されることになりました。宣言が発令された時は、海外からの入国制限はされていませんでしたが、その後すぐに制限されることになりました。東京では感染者数が下げ止まりで、変異株が発見されることも多くなっているので、宣言解除後すぐに入国制限は解除されないでしょう。

https://corona.go.jp/news/pdf/mizugiwataisaku_20210318_01.pdf

https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page22_003381.html

しかし、ずっと制限していると経済活動も止まってしまうので、政府のサイトでは、受け入れ態勢を整えているのか、海外からの入国者・帰国者に、持っているスマートフォンにインストールを義務付けるアプリが増えるなど、各省庁から出る情報も変化しています。今度入国制限を解除する時は、入国時のチェックを徹底しなければ、国民が受け入れないでしょう。入国時にアプリをインストールするスマートフォンを所持していない場合は、空港でレンタルすることが必要(自費)となるなど、今までのように緩い感じではないようです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00250.html

何度も更新されてきた誓約書も、現在の「個人用」の最新版は3月6日更新のもので、違反すると、外国籍の方は在留資格の取り消しや、退去強制手続きの対象となる等、かなり厳しい内容になっています。受け入れ機関側が記入する誓約書は、入国制限が解除されたら新しいものが発表されるものと考えます。

https://www.mhlw.go.jp/content/000753108.pdf

ところで、ここ最近大きな地震が頻繁に発生しており不安な毎日が続いています。災害が発生した時、不安なことは多いですが、前もって準備をしておけば、災害が起こった後の助けとなります。

以下のようなアプリを入れておくと、天気や地震など、様々な情報を前もってプッシュ通知で教えてくれます。

https://emg.yahoo.co.jp/

備えあれば憂いなしということで、私も懐中電灯の電池の大きさを確認して予備を補充しました。物と心の準備をしておくことはとても大切なことですね。