こんにちは、行政書士法人IMSの下山です。

緊急事態宣言の(一応の)解除日とされている3月7日が近付き、緊急事態宣言解除後に入国可能となるのか?といったお問い合わせが増えています。

ですが、一部報道にもありますように、
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac39595c8b085141e507f848f36852a32311a2b0
宣言解除後すぐの入国は難しいのでは…というのが現在の感触です。
⇒上記報道でも、「宣言が全面解除されても緩和せず、措置を継続する方向で最終調整に…」とあります。

また、在外公館とやり取りをする機会があり、このあたりについても確認しましたが、やはり外務省からも現在の方針について大きな変更の指示は出ていないようです。

4月に大学入学を控えている方、就職を控えている方、また、日本にいるご家族と離れ離れになっている方にとっては何とももどかしい状態が続いていますので、そのお気持ちを考えると心苦しくなりますが、今しばらくは政府の発表をお待ちいただくほかないのかなと思います。

(以下情報更新)
27日の報道で、緊急事態宣言の全面解除後は東京五輪・パラリンピックに参加する外国人の入国を例外的に認める方針、とあります。
「特段の事情」枠での入国になり、すぐに練習や準備に入れるようにするため入国後2週間の待機措置を免除する代わりに宿舎や競技会場からの外出は禁止、公共交通機関の利用も認めず移動手段は専用バスなどに限るようです。また、スマートフォンのアプリを使って健康状態や行動記録を管理する義務もあります。

3月7日に宣言解除となるのかという点も含めて、今後の状況を注視していきたいと思います。