皆さまこんにちは。IMSの下山です。

10月以降、海外から日本への入国規制が緩和されていたところですが、英国での変種ウイルスの感染拡大を受け、以下の水際対策強化に係る新たな措置が決定されました。

■英国からの新規入国の一時停止(日本国籍者は対象外)
 10月1日より、防疫措置を確保できる受入企業・団体がいることを条件として、原則として全ての国・地域からの新規入国を許可しているところですが(いわゆるレジデンストラック)、12月24日以降、当分の間、この仕組みを使っての英国からの新規入国はできません。
⇒英国では査証発給申請の受付自体停止しています。

■英国への短期出張からの帰国・再入国時における特例措置の一時停止(日本国籍者も対象)
 11月1日より、日本人及び在留資格保持者を対象に、全ての国・地域への短期出張からの帰国・再入国時に、防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件に、ビジネストラックと同様の14日間待機緩和が認められているところですが(https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/taikikanwa.pdf)、12月24日以降、当分の間、この仕組みによる英国からの帰国者・再入国者については14日間待機緩和が認められません。

■検疫措置の強化(日本国籍者も対象)
 12月27日より、英国からの日本人帰国者についても、再入国者と同様、英国出国前72時間以内の検査証明が求められます。帰国時に検査証明を提出できない帰国者に対しては、検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る。)で14日間待機することが求められます。
 また、12月27日より、英国からの日本人の帰国及び在留資格保持者の再入国に際して、入国時に位置情報の保存(接触確認アプリのダウンロード及び位置情報の記録)について誓約を求めます。
⇒誓約書はこちら(https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100130023.pdf

■英国への短期渡航の自粛要請(日本国籍者も対象)
 本年3月31日以降、英国に対しては、感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)を発出しています。日本在住の日本人及び在留資格保持者に対して、日本への帰国を前提とする英国への短期渡航を当分の間、自粛するよう改めて要請されています。

※本措置は英国からの入国者に対する措置であり、英国以外の国・地域についてはこれまでの水際措置に変更はなし。

東京では昨日も1日の新規感染者数を更新しており、誰がいつどこで感染するか分からない状況が続いています。
今日はクリスマスですが、今年は「おうちクリスマス」という方も多いのではないでしょうか。
今一度気を引き締めて、この状況を乗り越えていきたいですね。