こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

6月29日に出入国在留管理局から在留資格「永住者」で再入国許可、又はみなし再入国で出国中に日本に戻れなくなった方の措置についての手続きについて案内がされています。

http://www.moj.go.jp/content/001323031.pdf

こちらは居住先の日本国大使館・総領事館で、ご自身で行う手続きとなります。

また、再入国許可とみなし再入国で出国した場合のお手続きが異なりますので、ご注意ください。

①再入国許可の有効期限を迎える場合

再入国許可の有効期限を迎える場合

再入国許可の有効期間を延長します。(最長1年間)

有効期間内に再来日することで在留資格が維持されます。

②みなし再入国の有効期限を迎える場合

入国制限が解除された日の6か月後までに「定住者」のビザ申請を行い、そのビザで来日します。その後、入国した空港で「永住者」として在留するための手続きを行います。

※2020年1月1日から入国制限が解除された日の1か月後までの方を対象としています。

※①の手続きができない方も対象となります。

これまでは再入国許可、又はみなし再入国の有効期限に再来日できない場合には、在留資格を失う状況となるため、弊社にも同じような状況の方からお問い合わせいただいていましたが、手続きの方法がなく、残念なご案内をしていました。

長く日本での在留を希望し、長い審査期間を得て無事に許可となったにも関わらず在留資格「永住者」を失うことは今後に影響する非常に大きな出来事です。対象となる皆様はこちらの措置をご活用ください。