皆さまこんにちは。IMSの下山です。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、これまで在留資格認定証明書の有効期間が
「3か月」→「6か月」と伸長されておりましたが、 入管から6月26日付で下記の発表がなされました。
(掲載元:http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00155.html

1)在留資格認定証明書の有効期間について
 http://www.moj.go.jp/content/001316712.pdf
■これまでの取扱い
*対象となる在留資格認定証明書:特段の制限なし
*有効とみなす期間:通常は「3か月」有効なものを「6か月」有効とする
■新たな取扱い
*対象となる在留資格認定証明書:2019年10月1日以降、2021年1月29日までに作成されたもの
*有効とみなす期間:入国制限措置が解除された日から6か月又は2021年4月30日までのいずれか早い日まで
(注1)入国制限措置が解除された日とは、滞在中の国・地域の「上陸拒否」及び「既に発給された査証の効力停止」の
いずれも解除された日をいいます。
(注2)入国制限措置解除日に係る国・地域については、法務省ホームページ
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00155.html)で案内されます。
 入国制限措置解除日に係る国・地域一覧表
 http://www.moj.go.jp/content/001323012.pdf
 ※制限措置解除日は現段階ではすべて空欄になっています。

また この措置を受けて、下記資料も更新されておりますので、あわせてご案内いたします。
2)本国に入国を予定している方に係る取扱い
http://www.moj.go.jp/content/001323021.pdf
1 在留資格認定証明書が交付された方又は在留資格認定証明書交付申請中の方
→① 在留資格認定証明書が交付された方 に上記の内容掲載
3 再入国許可による出国中に在留期限が経過した方等
→① 在留資格認定証明書の交付対象とならない方(「永住者」等) が追記
 ※永住者については滞在中の在外公館で査証申請が可能になりました。

3)[Q&A]新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴う在留資格認定証明書の取扱い等について
http://www.moj.go.jp/content/001319321.pdf
※(6月26日更新)の箇所をご確認ください。

4)本国等への帰国が困難な外国人に係る取扱い
http://www.moj.go.jp/content/001323011.pdf
※以前は「帰国困難者に対する在留諸申請及び在留資格認定証明書交付申請の取扱いについて」として
 2)と4)をまとめて1つの資料としていたところ、今回の措置決定により分けて作成されたようです。

5)有効期限が経過した方の在留資格認定証明書交付申請
http://www.moj.go.jp/content/001323023.pdf

ここに来てまたインパクトの大きな変更です。
ご不明な点がありましたら弊所までお問い合わせいただければと思います。