こんにちは。IMS の川上です。
各国がコロナウィルスの感染拡大を防ぐべく、入国禁止や渡航制限、外出禁止など様々な策を講じています。
外国に旅行したり留学したり、というのは日常の安全が保たれているからこそ成り立つもの。
このような非常事態においては、個人でできる対策をし、感染を広げないための行動を取るべきと思います。


今回の自体に直面し、私達が仕事としている国際交流というのは、健康や安全といった礎が不可欠で、社会が成熟している証だと思いました。
外国人を受け入れることも、外国へ日本人を送り出すことも当たり前なことじゃないんだ、と思い知らされた気がします。
コロナウィルスが終息し、また国際交流が活発にできる社会に戻ることを願いながら、自分の健康を保つための努力して待ちたいと思います。


私達のお客様である日本に長中期在留資格で留学や就労をしている外国人の皆さんにとって、今は母国でない場所での非常事態です。
日本からの渡航者に対して制限措置を設けている国も多い上、母国の感染拡大状況によっては帰るにも帰れない方も多いのではないでしょうか?
又、日本の水際対策として、一部の国に対して新規の査証申請や発行済み査証の無効化措置が取られています。
これはこれから日本に来ようとする外国人を一時的に制限することが目的で、
従前から日本に長中期ビザで在留している外国人の方に対して、その在留資格が直ちに無効になってしまう訳ではありません。


在留外国人向けの情報は法務省のウェブサイト新型コロナウイルス感染症に関する在留諸申請における取扱い等 にまとまっています。